トップ > 会社概要 >

沿革

1988年7月 新東京国際空港内、日本航空装備工場2階に前身である日航アビオニクス本社、及び工場を構え日本航空装備工場からの受託により営業開始
1993年3月 日本航空株式会社整備訓練部より 747-400 MTS、747 CPTの整備を受託。
1993年11月 日本航空株式会社運航乗員訓練部のシミュレーター整備の受託に際して組織を拡充し、シミュレーター整備部を羽田に配置(747在来形・747-400・MD-11の3機のフライトシミュレーターの整備を受託)
1995年3月 日本航空株式会社運航乗員訓練部より、737-400フライトシミュレーターの整備を受託。
1995年11月 日本航空株式会社運航乗員訓練部より、777-200フライトシミュレーターの整備を受託。
1997年12月 日本航空株式会社運航乗員訓練部より、767-300フライトシミュレーターの整備を受託。
2000年10月 日航アビオニクス株式会社と日航コンポーネントテクノロジー株式会社が合併。
株式会社JALアビテック設立。
2003年3月 日本航空株式会社運航乗員訓練部より、767-300ER・777-200ERフライトシミュレーターの整備を受託。
2003年12月 JAL/JAS統合を機にJALグループのシミュレーター整備体制の再編を図る為、㈱JALアビテックのシミュレーター整備部門を分割し株式会社JALシミュレーターエンジニアリングを発足。
旧JASグループの㈱日本エアモーターサービスのシミュレーター整備事業の営業を譲り受け、JALグループのシミュレーター管理を一元的に行う体制を確立。
2004年12月 JALグループ初の取得となる、環境マネージメントシステム「エコステージ」の認定取得に向けたキックオフ宣言を実施。
2005年4月 環境マネージメントシステム「エコステージレベル1」を取得。JALグループとしては初の取得。
2006年4月 日本航空株式会社運航乗員訓練部より、777-200ERフライトシミュレーターの整備を受託。
2007年4月 日本航空株式会社運航乗員訓練部より、737-800フライトシミュレーターの整備を受託。
2007年9月 日本航空株式会社運航乗員訓練部より、737-800フライトシミュレーターの整備を受託。
2011年12月 日本航空株式会社運航乗員訓練部より、787-8フライトシミュレーターの整備を受託。
2015年4月 出資体制の変更に伴い、社名を「JAL CAE FLIGHT TRAINING Co., Ltd.」に変更。